椿なの | 無添加ヘアケア・ピュアローション

株式会社オーラテック

TSUBAKI NANO BLOG

「地域産業資源活用事業」の認定。

2012年3月「界面活性剤を使用せず水とツバキ油を混合する技術で作るヘアケアローションと フットケアローションの販路開拓 」で地域資源活用事業の認定をいただきました。

期間は5年間ですが、毎年、計画書を提出し補助金採択の可否判断がされます。中小機構のアドバイザーや専門家の支援を受けながら国際化粧品展、健康博、ビューティアワード、オーガニックEXPO、ギフトショー、ペット展など様々な展示会に出展し、多くの方々に商品をアピールすることができました。

この認定がなかったら成長はなかったと感謝しております。

最初はロフトから全国販売へ。

2011年、今も「椿なの」の販売にご尽力いただいている取引先様との幸運な出会いから「椿なの」がロフトや東急ハンズ全店で販売を開始することができました。
同時にTV(RKB:今日感テレビ/これ私がつくったんです。)で取り上げられました。
放映終了前から2台の電話は鳴りっぱなし・・・。天神ロフトでは品切れ。
TVの影響の大きさに驚かされました。
最初に大型店舗からスタートしたので、W900バックパネル、POP、棚トレー、アイキャッチシールなどの販促物つくりは大変勉強になり、福岡デザインアワードの受賞につながったと思っています。

「椿なの」福岡デザインアワード、大賞受賞。

2011年には福岡デザインアワードで予想だにしなかった「大賞」を受賞し、次のようなありがたい評価をいただきましたので「第13回福岡デザイン賞」の受賞冊子より抜粋させていただきます。

「久留米産の上質な生搾り椿油、小豆島産オリーブ油と水を、独自の特許技術により界面活性剤一切使用せずに混合させ、さらに水の特殊処理と低温殺菌の防腐剤無添加の“ヘアケアピュアローション「椿なの」「椿なのリペア」”を実現させた。そのパッケージデザインは、さわやかで女性らしいやさしさを表現しながらも独自のイメージを表出させている。顔や体に直接使用する化粧品も、食と同様に安心安全を求める傾向があり、特にアレルギーなどの化学物質に敏感なユーザーからの自然志向の化粧品を求める声が増えている。この商品は、化粧品へのユーザーニーズに技術面と感性面の両面から応えている。特に、販売シーンを想定して制作された、ボトル、個箱、リーフレットやPOP等の販促物など一連のシリーズ化のデザインは、一貫した商品イメージを表現している。これまでにない化粧品の技術と感性が融合したデザインに結実させたことが大賞に値すると高く評価された。(講評/審査委員長:森田昌嗣 )」

 

この受賞は、これからの商品作りの方向性に一筋の光を与えていただいたような身に余る勲章でした。

1 / 212